スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

抜け毛の一番の原因!シャンプーのし過ぎと、しなさ過ぎの関係は!

抜け毛の原因は、食事・ストレス・睡眠など色々考えられますが、やはりシャンプーやリンス(コンディショナー)などが一番関係しているのかなと思うことがあります。よく石油系のシャンプーは、洗浄力が強いので頭皮に与えるダメージが大きいと聞きます。石油系のシャンプーは、市販シャンプーに多いそうですが、今では少なくなったとも聞きますね。

ただ安価な市販シャンプーは、健康な頭皮には問題無いのですが、例えば頭皮が傷んでいる場合はさらにダメージを与えることになり、抜け毛の原因になるとされていますね。

なおシャンプーに配合されている成分で注意したいのが界面活性剤です。この界面活性剤は、頭皮の奥まで洗浄成分が浸透する特徴があるため、毛根周辺の細胞にダメージを与えるようです。

だから近頃の育毛シャンプーは、界面活性剤を入れないで、しかも天然成分の洗浄成分を配合したモノが多いのです。できればS1無添加シャンプーのようにアミノ酸系の洗浄成分を配合したシャンプーを使いたいものです。アミノ酸系の洗浄成分なら頭皮や髪の毛に優しいので、育毛にも効果があるわけです。

やはり育毛を心がけるなら、頭皮に低刺激なシャンプーがオススメです。なおシャンプーと一緒にリンスやコンディショナーを使う場合ですが、これらには多少なりとも油分が含まれているので、地肌に多く付けてしまうと抜け毛の原因になってしまうようです。ぜひ注意してください。

なお育毛には欠かせない洗髪ですが、実は頭皮の皮脂を必要以上に取り除くのは抜け毛の原因にもなるようです。要は洗髪は必要ですが、シャンプーのし過ぎも頭皮にダメージを与えるわけです。洗髪しないと毛穴に脂分やフケが詰まり、髪の毛の成長を妨げてしまうのですが、必要以上に皮脂を取り除くことも問題なわけです。シャンプーも適度がいい感じですね!
スポンサーサイト

タグ : 抜け毛,

| 育毛シャンプーについて | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。