スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

育毛にはどんな栄養や食べ物がいいの?髪の毛を育てるタンパク質とビタミン類!

育毛にはワカメ(わかめ)などの海藻類がいいといわれていますね。特にワカメに含まれるヨウ素は、甲状腺の働きを高める効果が期待できるそうですよ!ちなみに育毛を効率的におこなうならヨウ素を含む食べ物と一緒にタンパク質を摂るといいらしいです。

そこで、ここでは育毛にあたりぜひ摂取したい栄養や、その食べ物(食材)について紹介したいと思います。なお毎日の食事で食べたものは、生命維持に必要な臓器から順に栄養が送られていくそうです。なお髪の毛(毛乳頭)には一番最後に送られるみたいです。

そのためバランスよく適量の食事をしていないと、髪の毛まで栄養がいかないことが考えられるそうです。これは、過度な食事制限によるダイエットをしたことで脱毛症になるケースからも分かりますね。

なお実際に育毛に必要な栄養が何かをご存知ですか?少し調べてみたので紹介したいと思います。

●タンパク質
育毛に欠かせない栄養の一つにタンパク質があります。タンパク質は、必須アミノ酸(9種類)を含む全20種類で構成されています。特に必須アミノ酸は、体内での合成ができないので、食事から摂取する必要があるので注意したいですね。サプリメントでも必須アミノ酸を含むものって見たことが無いので、たぶん食事から摂取するしか方法が無い感じですね。

なお必須アミノ酸(9種類)の種類は、次の通りです。
トリプトファン、リシン(リジン)、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン

さらにタンパク質は、動物性と植物性に分けられますが、これらをバランスよく摂取する必要があります。例えば肉・魚・卵・乳製品などの動物性タンパク質、大豆・納豆・豆腐などの植物性タンパク質をバランスよくです。いくら肉が好きだからといって肉料理ばかりでは、メタボになるだけです。内臓脂肪を増やし、肥満の原因になるだけなので気をつけてください!

●ビタミンB群
次に傷んだ頭皮環境を健康な状態に戻す効果が期待できるビタミン類です。頭皮ケアには最適な栄養素です。中でもビタミンB2(緑黄色野菜、レバー、卵、大豆、乳製品など)とB6(マグロ、カツオ、イワシ、サバ、レバー、肉、バナナ、キャベツなど)は、意識して食べるようにしたいですね。なおビタミンB2・B6の効果は、皮脂分泌抑制と皮膚の新陳代謝促進です。脂っぽい頭皮(脂性)や頭皮が炎症を起こしている場合には積極的に摂取したいですね。髪の毛が生える(成長)するには、頭皮が健康でなければいけません。傷んだ頭皮では、髪の毛も育っていかないわけです。

●ビタミンA・C・E
さらにビタミンA・C・Eも頭皮ケアに欠かせない栄養素といえます。特にビタミンA(緑黄色野菜、うなぎ、レバーなど)は、乾燥しがちな頭皮やフケ症に効果的とされ、血管や頭皮を丈夫にするのがビタミンC(野菜、柑橘類、苺など)といわれています。さらにビタミンE(魚介類、ナッツ、ごま、植物油など)は、毛細血管を広げる効果が期待できるため、栄養を毛乳頭まで送り届けるのに一役買っているそうです。

特に近年では、レトルト食品やファーストフード・コンビニ弁当などを好んで食べる若年層が多く、それが原因による薄毛や抜け毛も指摘されることもあります。特に偏食していると、ビタミン不足になりがちなので、食事はバランスよく食べるようにしたいですね。
スポンサーサイト

タグ : 栄養, 食べ物,

| 育毛と栄養 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。